自然と暮らす まほなび
◇楽しみながら社会に還元!里山遊びを通じて次世代に自然を残す
○/子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
makican
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
makican
桜井市外山の鳥見山の山裾に、谷川あり樹林帯あり、シーソーやハンモック、ターザンロープなどの手づくり遊具が置かれた子どもの遊び場がある。子どもたちが、自然と一体になって好きなように遊べる里山『彩雲ひろば』だ。地元の園や小学校、子ども会、市のイベントなどで随時活用されている。

 主宰・運営しているのは、地主の新井博子さんとそのボランティア仲間14人。2007年、縁あって集まった人たちがパターゴルフ場だった土地を整備、木を植え、畑を作り、里山に戻した。谷川には丸太の橋を架け、山には登山道を付けた。子どもたちが来れば、ケガのないよう付かず離れずの見守りと、木のこと、葉っぱのこと、水のことなどを話して聞かせる。「命の源は、葉っぱ(緑)」と、子どもの年齢に応じた言葉で、人は自然によって生かされていること、だから自然を守っていこうと語りかける。

 大学卒業後、教職に就いた新井さん、レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』に惹かれ、訳者の上遠恵子氏との縁もできた。折しも高度経済成長時代、あちこちで開発が進み、幼い頃から野山を駆け回り、草花や虫と遊んでいたその里山が荒れていき、新井さんの心にモヤモヤが増殖していった。

 そんななか、ナショナル・トラスト運動の存在を知り、日本から10人参加募集記事を偶然目にして応募。1996年英国ナショナル・トラスト日英ベンチャープロジェクトに参加、本物を学ぶことができたという。「開発業者に物申すには、資格が必要?」と宅建資格、森林インストラクター、グリーンセイバーなどの資格を次々に取得。その間、先のプロジェクトにリーダーとしても参加、ボランティアの意味や楽しさも知り得た。

 彩雲ひろばには、毎週月曜日メンバーのほとんどが集う。60歳代後半から83歳までの男女半々の14人、職歴はいろいろだが、定年退職し自由な時間ができた人たちが自分のできることをやりに来る。山守の会と掛け持ちの人もいる。先週は20本の檜を間伐して皮を剝いだ。乾燥させて丸太橋や遊具などに使うという。
ここに集うのは、「まず、健康維持。週一のスケジュールで体を動かし、経験も環境も異なる仲間と交流できる。昼食付きだしね」と男性軍。見れば、基地の手づくり小屋で、かまどの羽釜でご飯が炊かれ、他方では大なべに汁物がぐつぐつ。山で間伐した、たきつけが勢いよく燃える。調理は女性陣が主体。手際よく整えていく。

 食事しながら見回りで見つけたメンテナンスの必要箇所の報告や次回の作業についての打ち合わせ。取材で訪れた日は、菜の花畑の肥料やりが午後の作業だった。農業経験のある人が肥料の置き方を指導、皆がそれに習う。「三輪山をバックに、一面黄色の菜の花を想像してみて。香りムンムン。蜜蜂や蝶になった気がするほどにうっとりしますよ」と新井さん。

「心がしんどくなったとき、ここで無心に遊んだことを思い出してくれたら…。人は、60歳過ぎたら社会に還元せんとね。受動の福祉ばかりじゃあかんわ。退職したての若い子、寄っといで」と、緑を守る活動を引き継いでくれる人に期待を寄せる。
1904 子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん/HIROKO ARAI
1952年桜井市生まれ、奈良女子大学大学院・理学研究科化学専攻卒業。教職に就いたがナショナル・トラスト運動に目覚め、グリーンセイバーなど自然や環境保全に関する各種資格を取得、その指導の傍ら、2007年からボランティアの仲間と共に持ち山に造った子どもの遊び場「彩雲ひろば」を運営、菜の花プロジェクトなどで活動中。
彩雲ひろば
桜井市外山1159
TEL.080-5336-2853
TEL&FAX.0744-42-4624
MAIL.araira5@zeus.eonet.ne.jp
makican
makican
/山野草の里づくりの会 村上 秀夫さん
/ならまちの引き売り 染井 大さん
/カフェ ねころん 経営 前川郁子さん
makican
/子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
/蔵じまいの危機から再生、 “大和の酒”造りに挑む7代目
/農家民宿 ほったらかし家 ボランティア団体「しもまる」会員 西岡千種さん
makican
/自給倶楽部「華坊主の里」 沢井啓祐さん 三家昌興さん 松本陽一さん
/自然派農場しもかわ 主宰 下川 麻紀さん
/ドールハウス・ミニチュア作家 シック・スカート(植田 定信)さん
makican
/竹アーティスト/「竹の國」代表 三橋 玄さん
/ふくさきわう代表 的場ふくさん
/奈良民俗文化研究所 代表 鹿谷勲さん
makican
/通訳・翻訳・ライター 川上村地域おこし協力隊員 エリック・マタレーゼさん
/NPO法人無形文化継承機構 福住S・ジョブズ・スクール理事長 前嶋文典さん
/とようけのもり 女将 野田 知江さん
makican
/歴史研究家 長田光男さん
/NPO法人 メディアネット宇陀 副理事長 稗田 睦子さん
/高山茶筌 翠竹園 伝統工芸士 稲田 有節 さん
makican
/井上 加代 さん
合同会社 ほうせき箱 代表/平井 宗助 さん
makican
農業家/松浦 猛さん
古代日本茜染研究所/宮崎 明子 さん
切り絵作家/石賀 直之 さん
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
makican
ページのTOPへ