自然と暮らす まほなび
◇茶をおいしく煮出す工夫が生んだ伝統工芸“茶袋”
○竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
makican
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
makican
標高300メートル以上、昼夜の温度差が大きい大和高原地域にある奈良県山添村。平安時代の頃から茶が栽培されてきたという同地域では、番茶をおいしく煮出すための小さな竹籠”茶袋“が作られてきた。茶袋は布製のものも多いが、籠にすることで空間ができ茶葉がしっかり開くから、おいしい茶を煮出せる。長年の知恵が詰まった小さな伝統工芸品を製作しているのが浦嶋正幸さん(87)だ。現在、その細やかな竹細工を継承する人は少なくなり、浦嶋さん一人となった。
浦嶋さんが竹細工を習い始めたのは、終戦直後の1945年。大阪城内にあった大阪陸軍造兵廠から故郷の山添村に帰った冬のこと。家業の農業は強制出荷で手元にはわずかの作物しか残らず、足りない現金収入を得るために、同村の竹細工職人に弟子入りしたのがきっかけだった。当時も村で3人ほどしか茶袋は作っておらず、浦嶋さんが茶袋作りを学んだのは師事した親方が作っていたためだった。「親方は大変温厚な方で、怒ったりするようなことはなく、私は見て真似をして作ってみて、少しずつ教えてもらって技術を習得し、伊賀上野から来る仲買人に作った竹籠や竹製の農具、茶どおし(荒茶から仕上げ茶を作る際の竹製のふるい)、茶袋を売っていました」
昭和30年代に農機具が入ってからは、同村の坂本鉄工所で農機具の修理工として定年まで勤めた。その後、暇を持て余していた折に、師事した親方の息子さんから「茶袋作りを継いでくれないか」と浦嶋さんに声が掛かった。当時は月に5、6個ほど、同村の花香房(産直センター)に卸していただけ。浦嶋さんは「暇つぶしに」と思い、引き受けたところ、2014年に国土緑化推進機構の「森の名手・名人」に選ばれるほどに。「新聞やテレビの取材などもあり、注文が増えて作るのが大変になってしまいました」
材料の真竹は10月〜11月にまとめて採集。30〜4メートルの竹を細く割り、1本1本を何度も刃に通して薄く均一にし、竹ひごを作る。戦後に扱った竹と比べて、今の竹は質が変わり、加工しづらくなったという。「昔の竹は粘りとしなやかさがあり、筋が通っていて、刃を入れると下まですーっと真っすぐに割けた。最近は竹やぶが手入れされておらず、竹がぎゅうぎゅうに生えている。そんなところで育った竹は途中で割れたり、反れたり、なかなか細く長く割くのが難しい」
竹の繊細な技術が織り込まれた伝統工芸品は、大量生産できない手仕事の日用品だ。後継者はいない。「働き盛りの人にすすめられる仕事ではない。近頃、習いたいという問い合わせもあってうれしいが、編むことができても、材料がないと作れないので、竹の下準備から学んでもらいたい。もし、すでに竹細工をしている人や、退職した人、就職前の手習いなどでやりたい人がいれば」
茶を煮出すごとに黒く味わいのある色合いに変わっていく”茶袋“。大事に使い続け、色の変化を楽しんでいきたい生きたキッチンアイテムだ。
1702_竹細工職人 浦嶋 正幸 さん
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
Masayuki Urashima
1929年6月14日山添村生まれ。終戦後、大阪から帰郷し、竹細工を学ぶ。10年ほど農業をしながら竹製品を製作・販売。1954年、結婚し、坂本鉄工所で農機具修理に従事する。退職後の2005年、茶袋作りを継ぎ、花香房へ納品し始める。2014年、「森の名手・名人」に選定される。
販売場所

花香房
TEL/0743-85-0085
山辺郡山添村大西1115-1
10:00〜17:00(4〜11月)
10:00〜16:00(12〜3月)
休/水曜  P/あり

映山紅
TEL/0743-87-0670
山辺郡山添村伏拝888-1
10:00〜16:00
休/水曜(祝日の場合は翌日) P/あり

ミルツル
TEL/0743-52-4420
大和郡山市北郡山町130-3

カウリ
TEL/0742-93-9208
奈良市鳴川町1

鹿の舟(くるみの木)
TEL/0742-94-3500
奈良市井上町11
makican
makican
切り絵作家/石賀 直之 さん
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
makican
めだか街道/枡田 秀美 さん
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
makican
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
makican
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
makican
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
makican
矢的庵/大矢 貴司 さん
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
makican
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
makican
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
makican
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
makican
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
makican
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
makican
野鳥写真家/与名 正三 さん
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
makican
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
makican
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
makican
木工家具職人/本田 昭彦 さん
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
makican
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
makican
makican
ページのTOPへ