自然と暮らす まほなび
◇クモと付き合い40年 世界中を驚嘆させた研究者
○奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
makican
1704_奈良県立医科大学 名誉教授 大𥔎 茂芳 さん
1704_奈良県立医科大学 名誉教授 大𥔎 茂芳 さん
1704_奈良県立医科大学 名誉教授 大𥔎 茂芳 さん
1704_奈良県立医科大学 名誉教授 大𥔎 茂芳 さん
1704_奈良県立医科大学 名誉教授 大𥔎 茂芳 さん
1704_奈良県立医科大学 名誉教授 大𥔎 茂芳 さん
1704_奈良県立医科大学 名誉教授 大𥔎 茂芳 さん
1704_奈良県立医科大学 名誉教授 大𥔎 茂芳 さん
makican
”深みのあるやわらかな音色“と音楽家が評価し、世界中を驚かせたバイオリンがある。なんと、このバイオリンの弦は約1万本のオオジョロウグモの”クモの糸“で作られている。奏者は、クモの糸を研究する大𥔎茂芳さんだ。
この快挙は約40年前、大𥔎さんが企業の研究員として粘着紙の研究をしていたころ、粘着の視点から視野を広げクモの巣を調べたことから始まる。当時、クモの研究は分類学が多く、クモの糸の研究は世界的にほとんど行われていなかった。研究となるとクモの採集や糸取りのため、フィールドワークも必要となる。「興味を持つ人がいなかったのだろう。誰も研究していないことと、自宅でもできる研究というのが趣味にちょうどよかった」。大𥔎さんはクモの糸を”趣味“としての研究対象とした。
家族旅行は高知、鹿児島や沖縄など南国へクモ探し。「旅行といっても、私がゆっくり車を運転し、妻が道端の木々に張っているクモの巣を見つけるという具合。夢中になり過ぎて岩から滑り落ちたり、我が子をけがさせたりと悪夢の思い出も多いです」。クモの生態を理解するうちに、クモから糸を取り出すことの難しさを痛感。「クモも人と同じ。イライラしたり厳しくしたりするとヘソを曲げる。優しくし過ぎてもなめられる。クモと心を通わせるように…」。失恋し落ち込んでいた学生には、目的のクモの糸が取れなかったという逸話もあるそうだ。
クモは用途に応じて7種の糸を出す。巣を作る『横糸』、横糸を張るための『足場糸』、獲物を巻き付ける時の『捕獲糸』など。中でもクモが天井などからすーっと降りてくるときや、危機に遭遇して逃げる場合などに命綱の役割として使う『牽引糸』に着目し、物理化学的研究を行った。糸の強さ他、『2の安全則』(科学雑誌ネイチャー掲載)や信頼性の原点などを学び取ることができた。「ベールに覆われたクモの秘密を少しでも知ることができたときには、恋人に出会うがごとくの感動です」と大粼さん。
2006年、TV番組からの依頼を機に『クモの糸にぶら下がる』など、気の遠くなるような挑戦で成功を経てきた。ある休日に、車の中で聞いたロシア民謡のバイオリン曲に感動し、「クモの糸で弦が作れたら面白いな」とひらめき、新たな試みを開始した。長い糸を集めるための研究を進めると同時に、バイオリンの構造や弾き方を学ぶためにレッスンにも通った。苦労して長いクモの糸を何万本と採取してもすぐに切れるなど、しばらくは失意のどん底を味わった。
2年かけてようやく出来上がった弦は、世界最高峰の名器『ストラディバリウス』の音色と周波数解析で比べても遜色なく、音楽家からも芸術的評価を得られた。
さらに、思わぬ発見もあった。バイオリンにセットし、糸の束を捩りながら加圧する過程で、通常円柱状の糸束が多角形の糸束に変化し、繊維と繊維の隙間がなくなり、強い糸束となることがわかった。この研究成果は現在、手術用の糸や繊維など様々な分野で応用が期待され、バイオリンの音色と共に世界中の企業・研究者や音楽家に注目されている。
「本職はコラーゲンの研究で、クモは趣味。趣味は結果を誰に求められることもなく期日もない。苦労もあるけれど純粋に自分の好奇心を追究できる」。4億年前から生き、多くの謎に包まれたクモ。クモに捧げる大𥔎さんの青春はまだまだ続く。
1704_奈良県立医科大学 名誉教授 大𥔎 茂芳 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
Sigeyoshi Osaki
1946年、兵庫県生まれ。大阪大学大学院理学研究科博士課程修了。製紙会社で粘着紙の研究を行う傍ら『クモの糸』研究を開始。1999年から奈良県立医科大学医学部教授に就任し『コラーゲン』の研究を行う。論文や著書は教科書や入試問題にも採用されている。2013年文部科学大臣表彰・科学技術賞、平成27年度第20回『音の匠』顕彰。
makican
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
makican
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
makican
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
野鳥写真家/与名 正三 さん
makican
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
makican
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
makican
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
木工家具職人/本田 昭彦 さん
makican
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
makican
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
五條市役所大塔支所/辻本尚克さん
makican
makican
ページのTOPへ