自然と暮らす まほなび
◇父から子へ 世界でたった一つのブランコ
  丸太にこだわる手作り遊具
○自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
makican
1407 上北山村/大上 良平 さん
1407 上北山村/大上 良平 さん
1407 上北山村/大上 良平 さん
1407 上北山村/大上 良平 さん
1407 上北山村/大上 良平 さん
1407 上北山村/大上 良平 さん
1407 上北山村/大上 良平 さん
1407 上北山村/大上 良平 さん
1407 上北山村/大上 良平 さん
makican
丸太を組み合わせたブランコや鉄棒で、のびのびと遊ぶ子どもたち。これらの遊具は山深い上北山村に住む一人の父親の手で、一つひとつ手作りされている。
その父親とは、同村出身の大上良平さん。10年前からインターネットを通じて木製遊具キットを販売し、子や孫への贈り物として人気を集めている。大上さんが遊具を作り始めたきっかけも、息子への誕生日プレゼントだった。
遊具となる材木は、すべて環境にやさしい間伐材。御杖村や三重県松阪市産の、丸太に加工処理された杉を仕入れる。丸太は角材と違って転がるので加工が難しく、技術も手間もひとしお。しかし「子どもが安心して遊ぶには丸い方がいい。かわいいし、木のあたたかみもあるでしょ」と、丸太にこだわりを見せる。
さらに「子どもが直接触れるものだから」と安全には特に注意を払い、防腐剤は専門の加工場で塗装。安全性の高い薬剤を中まで浸透させることで、塗り直しの必要がなく、防腐効果は非常に高いそうだ。
実は、特別木に思い入れがあった訳ではない大上さん。高校卒業後、上北山村森林組合(現在の吉野きたやま森林組合)に就職したのも、「村で働くには役場か山仕事の2択。それなら机より自然に向かう方が」との理由から。組合では主に素材生産を担当し、日々の業務で丸太の仕入れや集材時のワイヤーの結び方などのノウハウを習得。息子にブランコを作ろうと思い立った時には、材料の丸太は工場に転がっており、ロープの結び方も身についていた。「特別な膳立てはしていませんが、いつでも遊具が作れる環境だと気づきました」
父親が作ってくれた世界でたった一つのブランコに、子どもらは大喜び。近所の母親たちにも好評で、その後始めたインターネット販売も口コミで年々注文が増えていった。2009年には組合を退職。「自然工房ウッドウォームズ」を掲げる遊具職人となった。「ブランコ屋の方が、夢があるでしょ」と大上さんは笑う。そう話すのは、危険と隣り合わせの山仕事が家族に心配をかけていたゆえ。「でも、山仕事の経験があったからこそ今がある。巡り合わせですね」
工房では、注文が増えた現在も家族だけで作業をこなす。そのため、複数のドリルを同時に使えるよう作業台に工夫を凝らすなど、いかに効率を上げるか日夜考えている。一方で、木の材質や遊具のパーツごとにノコギリの刃を取り換えるなど、より良いものを作るために細部へのこだわりも欠かさない。
最近では、古くなった部品の注文にも対応し始めたものの、7年前の買い手から「ブランコのロープを交換したい」と注文があった程度。故障の連絡やクレームは今までに1件もない。「長持ちしすぎで商売にはならへんけど、ありがたいこと。これからも大事に使ってくれたら」
大上さんの遊具には、丸太ならではのあたたかみや素朴さ、そして何より家族への愛情が詰まっている。「子どもが成長して使われなくなるその日まで、末永くサポートします。ブランコ屋として、子を持つ親として」
1407 上北山村/大上 良平 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
Ryohei Oue
1978年生まれ、上北山村出身。山仕事の経験を生かし、子どもが喜ぶブランコや鉄棒などの丸太遊具キットをHP等で販売している。妻の弘美さんは商品の塗装や梱包を手伝う。
●自然工房 Wood Warmth (ウッド ウォームズ)
自宅/吉野郡下北山村下池原438
工房/吉野郡上北山村小橡303
TEL 07468-2-0087(平日10:00〜16:00)
FAX 050-5004-6438
www.wood-warmth.com

・ブランコ21,000〜28,000円
・ブランコ椅子5,500円
・鉄棒17,000〜27,000円
・ウッドランド15,000円
・砂場15,000〜18,000円
(税別、送料別。詳細は要問い合わせ)
makican
makican
/山野草の里づくりの会 村上 秀夫さん
/ならまちの引き売り 染井 大さん
/カフェ ねころん 経営 前川郁子さん
makican
/子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
/蔵じまいの危機から再生、 “大和の酒”造りに挑む7代目
/農家民宿 ほったらかし家 ボランティア団体「しもまる」会員 西岡千種さん
makican
/自給倶楽部「華坊主の里」 沢井啓祐さん 三家昌興さん 松本陽一さん
/自然派農場しもかわ 主宰 下川 麻紀さん
/ドールハウス・ミニチュア作家 シック・スカート(植田 定信)さん
makican
/竹アーティスト/「竹の國」代表 三橋 玄さん
/ふくさきわう代表 的場ふくさん
/奈良民俗文化研究所 代表 鹿谷勲さん
makican
/通訳・翻訳・ライター 川上村地域おこし協力隊員 エリック・マタレーゼさん
/NPO法人無形文化継承機構 福住S・ジョブズ・スクール理事長 前嶋文典さん
/とようけのもり 女将 野田 知江さん
makican
/歴史研究家 長田光男さん
/NPO法人 メディアネット宇陀 副理事長 稗田 睦子さん
/高山茶筌 翠竹園 伝統工芸士 稲田 有節 さん
makican
/井上 加代 さん
合同会社 ほうせき箱 代表/平井 宗助 さん
makican
農業家/松浦 猛さん
古代日本茜染研究所/宮崎 明子 さん
切り絵作家/石賀 直之 さん
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
makican
ページのTOPへ