自然と暮らす まほなび
◇天空で作る郷土の味
柿の葉すしで究極のおもてなし
○柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
makican
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
makican
お地蔵様に導かれ、峠道を上った先に広がるのは、大和の青垣に抱かれた奈良盆地。人里離れた”天空“の地で柿の葉すし体験道場「天空の郷」を開くのが、大前英二・真美夫妻だ。
元々桜井市で団体職員をしていた英二さんは、7年前に憧れの起業を決意。川上村の実家で柿の葉すしを作っていた母親の手法を生かして、2006年11月、夫婦2人3脚で桜井市山田に「柿の葉すし山の辺」を開いた。
だが、初めの1年は鳴かず飛ばず。「石の上にも3年」と互いに励まし合っては、味を知ってもらおうと各地のイベントへ積極的に出向いた。「おかげでだんだん人脈が広がってね。困った時はいつも誰かが助けてくれました」
3年目の春、ついに転機が訪れる。客の紹介を通じて東京の「奈良まほろば館」へ出荷が決まったのだ。「いつかは東京に卸したいと夢見ていましたが、こんなに早くかなうとは。これも人の縁」と英二さん。謙虚ながらも、すしには絶対の自信を持っていた。
山の辺のこだわりは柿の葉にある。「自然のままを味わってほしいので、農薬は極力使いません。多少の虫食いは、むしろおいしさの証」。さらに四季の変化に応じて葉を使い分け、秋は色鮮やかな『紅葉柿の葉すし』に変身。するとたちまち話題になり、同館で売り上げ第1位を達成、全国から注文が相次ぐようになった。
その頃から、客との会話で「昔はばあちゃんがよぅ家で作ってくれてんで」と柿の葉すし作りを懐かしむ声を耳にするように。奈良県吉野地域に伝わる郷土料理も、今や家庭で作る人は減少。それなら、と2人は柿の葉すし作り体験を通じて奈良の食文化を伝えようと心に決めた。
まず、店近くに物置として借りていた元料亭の一軒家を体験道場へと改装。料亭当時の和室や囲炉裏は生かしつつ、知人や大工の手を借りながら自分たちでしつらえた。2人の思いに共感し、「なんか手伝えることあるか」と申し出る客も。早速、木を譲ってもらい体験用のまな板を作成。知り合いの書家は快く看板を書いてくれた。「帰りたくなる心のふるさとになってほしい」との願いを込めて名付けた道場「天空の郷」は、こうして多くの人に見守られながら昨年始動した。
体験では、家庭でも作れるよう酢飯の配合から鯖すきまで丁寧に指導。「ここまで教えて商売は大丈夫なんか」と心配する体験者もいるそうだ。完成したすしは桜井の名産、三輪そうめんと共に昼食としていただく。デザートの後は「好きなだけゆっくりしてくださいね」と道場を後にする真美さん。「仲間だけの空間で、思う存分くつろいでほしくて。それが、私たちの目指すおもてなし」
4年前、道場周辺に植えた柿の木は順調に育ってきた。「来年には葉の収穫体験もできるよう計画中。ゆくゆくは農家民宿として丸1日楽しんでもらうのが夢です」。柿の葉が赤く染まる季節もいよいよ目前だ。
1311 桜井市/大前 英二 さん 真美 さん
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
Omae Eiji & Mami
川上村西河で柿の葉すしを製造する家庭で育った英二さん。高校卒業後、団体職員として27年間桜井市で勤務、48歳で起業を決意。2006年、妻の真美さんと「柿の葉すし山の辺」を開き、昨年からは柿の葉すし作り体験道場「天空の郷」を始動
「柿の葉すし山の辺」
TEL/0744-45-3675
住/桜井市山田676-2(飛鳥資料館東側)
営/10:00〜17:00(売り切れ次第閉店)
休/火曜、第3水曜は休み、駐車場あり
www.kakinohasushi.net

柿の葉すし体験道場 天空の郷
【体験受付1〜10月】
体験では鯖すしを25個製作。そのうち5個は桜井市の名産品そうめんと共に昼食として。食後は真美さん手作りのケーキとコーヒー付
住/桜井市高家474-3
営/10:00〜14:00頃
体験料/4500円/1人
定員/5〜20人
※1週間前までに要予約
makican
makican
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
makican
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
makican
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
makican
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
makican
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
makican
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
makican
塗師/阪本 修 さん
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
makican
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
makican
木版画作家/田村 洋子 さん
野鳥写真家/与名 正三 さん
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
makican
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
久保田農園/久保田 清徳 さん
makican
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
家具職人/岡 浩也 さん
makican
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
木工家具職人/本田 昭彦 さん
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
makican
デザイナー/坂本 大祐 さん
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
山いき/梶谷 哲也 さん
makican
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
五條市役所大塔支所/辻本尚克さん
音楽家・尺八奏者/泉川獅道さん
makican
吉野森林管理サービス 代表/今西 秀光さん
吉野山保勝会 桜守 作業員/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
おもちゃドクター/大西 隆 さん
makican
熊代農園/熊代 敬三 さん
かんのがわHBP/岡田 亥早夫 さん
尺八研究・演奏/ジョシュ・スミス さん
makican
makican
ページのTOPへ