自然と暮らす まほなび
◇ホオズキを奈良の新ブランドに
○道安宝珠喜(どうあんほうずき)プロジェクト/出垣 滋さん
makican
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
1210 大和高原/出垣 滋 さん
makican
大和高原に位置し、戦国時代の文人武将山田道安ゆかりの地である天理市山田町。ここで新しい奈良のブランド食材が生まれようとしている。食用ホオズキ『道安宝珠喜』だ。今年4月、生産者の出垣滋さんを中心としたプロジェクトチームが始動し注目を集めている。
道安宝珠喜はセンナリホオズキという品種で、プチトマトのようなはじける食感と、爽やかな甘さが特徴だ。この山田町にいつからか木苺のように野生化し、昔から食べられていたそうだ。
20年前に縁あって天理市内から山田町に移り住んだ出垣さん。本職は料理人。村に来てから仕事の傍ら、家の近くの畑で野菜を育てていた。ある日、近所の人に「これ食べてみ」と渡され食べたのがホオズキとの出合い。「甘い、おいしい、おもしろい食材やな」と興味を持ち16年前から栽培を始めた。センナリ(千成)の名の通り、小さな実がたくさんできる。実を大きくするには、もっと甘くするにはと本を読み、いいと思う事を取り入れ、毎年少しずつ試行錯誤を重ねていった。殺虫材はヤシ油から作る天然由来のものを少量。後はテントウムシ、クモやカマキリに害虫を食べてもらい自然に任せる。
そんな出垣さんに強力なパートナーが見付かった。一人目は奈良県農林部職員の前嶋文典さんだ。前嶋さんは5年前に道安宝珠喜と出合い、約30年の農政経験から付加価値の高さ、可能性を感じた。2人は奈良の新ブランド立ち上げに向けて動き出した。出垣さんは品質の安定に力を注ぎ、出荷期間を広げ、甘みを引き出す保存方法を導入。前嶋さんは東京・大阪の市場へ販路を拡大させ、現在は各地の料亭などで使用されているという。
また、フードコーディネーターの松田弘子さんやコンフィチュール(ジャム)作家の東史さんに協力を依頼。料理店へのレシピ提案やホオズキコンフィチュールの開発などを進め、今年4月には県の新商品の開発を支援する農商工連帯事業に採択され、ブランド化に向け4人でプロジェクトを始動させた。
4人は今夏、奈良市内のレストランで道安宝珠喜求評会を開催。料理研究家やシェフを中心に約40人が来場し、生のホオズキやコンフィチュール、ホオズキを使った料理を試食し意見を交わした。「果物のような、野菜のようなおいしさが魅力。ソースやデザート、添え物と可能性は広い」と参加者は興味を示していた。
「ホオズキで人が繋がり、ホオズキとともに広がっていく。ホオズキの産地として生産が町全体に広がり、奈良の、天理の、山田町の道安宝珠喜として全国に広がればいいな」と出垣さんは力を込めた。
1210 大和高原/出垣 滋 さん
道安宝珠喜(どうあんほうずき)プロジェクト/出垣 滋さん
Shigeru degaki
奈良県生駒市生まれ。22年前に天理市山田町に移り住み、調理師の傍ら野菜を作り始める。16年前に食用ホオズキと出合い栽培を始め、今年4月道安宝珠喜プロジェクトを始動。
【道安宝珠喜プロジェクト】
TEL/080-6150-2243(出垣)
Email/from@kcn.jp(前嶋)
makican
makican
切り絵作家/石賀 直之 さん
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
makican
めだか街道/枡田 秀美 さん
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
makican
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
makican
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
makican
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
makican
矢的庵/大矢 貴司 さん
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
makican
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
makican
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
makican
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
makican
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
makican
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
makican
野鳥写真家/与名 正三 さん
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
makican
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
makican
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
makican
木工家具職人/本田 昭彦 さん
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
makican
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
makican
makican
ページのTOPへ