自然と暮らす まほなび
◇芭蕉の愛した紅花を伊賀から発信
○紅ばなネット 代表/峠 美晴さん
makican
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
makican
 松尾芭蕉の故郷と知られる三重県伊賀市。朝霧かかるこの盆地を、芭蕉が愛した紅花でいっぱいにし、地域を元気にしたいと仲間と共に立ち上がった人がいる。「紅ばなネット」代表の峠美晴さんだ。
 活動のきっかけは、8年前に伊賀市で1年を通して開催された「生誕360年芭蕉さんがゆく 秘蔵のくに 伊賀の蔵びらき」。老若男女問わず住民が自ら参画し、伊賀の魅力を全国にPRするイベント事業だ。
 この事業全般の運営に携わることとなった峠さんはこの時、ひとつの句にひかれた。『眉はきを 俤(おもかげ)にして 紅粉(べに)の花』。芭蕉が山形県で紅花を見て詠んだ句である。女性の唇を彩る口紅や、高貴の人が身にまとう赤やピンクの着物の染料、血行促進作用のある生薬として重宝された紅花。現在は、山形県が産地と知られているが、芭蕉が生きた江戸時代には伊賀も山形県に次ぐ産地であった。「芭蕉さんは故郷・伊賀への想いも込めて、この句を詠んだのではないかな」
 この紅花を伊賀に広め全国に発信したいと、自ら「紅花ぷちプロジェクト」を立ち上げた。まず山形県を訪れ畑を見学。種を取り寄せ、伊賀の農家、個人や団体に呼び掛け、休耕田やプランターで紅花を栽培し、観光客を出迎えた。「紅花が広がるとともに人の輪も広がる。それがまたうれしくて」と峠さん。
 事業終了後も賛同する仲間と、人を繋ぐという意味を加えて「紅ばなネット」と名称を改め活動を続けた。「でもね、紅花は繊細でうまく育たず普及しなかった」。連作障害を起こす、高温多湿を嫌う、開花時期に雨が降るとカビが発生しやすくなるなど、定着させるには問題も多かった。協力者である農家の古川節郎さんは、土作りから試行錯誤を重ね、やっと毎年約5万本の紅花を栽培するまでになった。
 現在、会員は会社員や主婦を中心に約35人。一つひとつ摘み取った花は、地元店舗に呼びかけコラボ商品を製作。皮に紅花を練り込んだ上用饅頭や葛饅頭は今年も発売が決まった。また、地域活性化という同じ想いを持つ、「伊賀・島ヶ原のおかみさんの会」が運営するカフェでは、『紅花TEA』や紅花を使った料理を提供。そして、昨年からは紅花油などの製品化を検討している。「紅花栽培を真に地域に根ざすものにするためには、継続が必要で、紅花栽培が生産者の収益になることが目標。そして休耕田の利用や、高齢化の進む農家さんの地域交流に繋がれば」と峠さん。
 紅花で人を繋ぐ。「古川さんと仲間がいたからできたこと。出会いは私の宝物でありエネルギーの源。働き盛りの私たちが積極的に地域づくりに関わり、地域を元気にしたい」。峠さんの周囲には紅花のような明るい笑顔のネットワークが広がっている。
1208 伊賀市/峠 美晴 さん
紅ばなネット 代表/峠 美晴さん
Miharu Touge
三重県伊賀市に生まれ育つ。本業は書家。伊賀市教育委員会社会教育指導員、社会人と大学生の2人の息子を持つ母でもある。2005年紅ばなネット創設。
【紅ばなネット】
TEL/090-1980-6586
上用饅頭や葛饅頭は、夏から秋にかけて伊賀市の桔梗屋織居(TEL/0595-21-0123)で販売予定
makican
makican
切り絵作家/石賀 直之 さん
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
makican
めだか街道/枡田 秀美 さん
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
makican
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
makican
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
makican
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
makican
矢的庵/大矢 貴司 さん
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
makican
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
makican
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
makican
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
makican
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
makican
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
makican
野鳥写真家/与名 正三 さん
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
makican
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
makican
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
makican
木工家具職人/本田 昭彦 さん
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
makican
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
makican
makican
ページのTOPへ