自然と暮らす まほなび
◇3万本の白山桜を守る花咲か爺さん
○吉野山保勝会 桜守 作業員/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
makican
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
makican
長い歴史の中、ご神木として人々によって守られてきた吉野の桜。最近、老衰や立ち枯れ、ナラタケ菌の問題などで減少の危機が叫ばれており、企業や団体なども保護の支援に動き出している。そんな中、現場の最前線で桜を守る人がいる。吉野山保勝会(福井良盟理事長)の桜守、一杉甲子彦さんと紺谷與三一さん。このたび、台風で倒れた桜木を整理するという二人に同行した。
大きな木が根元から折れ、近くの木を巻き添えにして倒れていた。「台風ぐらいでは倒れんような立派な木やったんや。それが根っこにナラタケ菌が入って腐りかけてたんやな。最近はこの菌の被害が多くてな」。チェーンソーや鉈を振るい倒木を細かく切り、若い木の上方に積み上げる。そこに土や葉がたまり腐葉土となる。整備された土地には光が差し込むようになり、苗木が植えられる。「倒木もまた新しい命につながります」と二人はうれしそうに話した。
一杉さんは材木会社で働く一方、国立公園吉野山の整備を手伝い、17年前に桜を守る作業に専念。紺谷さんは、1998年、台風被害で倒れた桜の整理を手伝ったのをきっかけに、保勝会に加わり作業員となった。毎朝7時半から、普通の人では立っていられないような急斜面で作業が進められる。草刈り、苔取り、寄生樹の除去に倒木整理、仕事は尽きない。
また、紺谷さんは自畑で桜の苗木を育てている。吉野の桜の多くは寿命約100〜130年と言われるシロヤマザクラ。放置すれば老衰し、この景観は守れなくなる。8年前「このままではいかん」と、紺谷さんは山で一番美しいシロヤマザクラの桜木を探した。老いてもなお力強く花を付ける、樹齢120年の老木。この木を母樹とし、サクランボを拾い集め、種を取り出す。「木も人と一緒。わしにとったら孫のよう。元気で丈夫な木になれよと祈りながら畑で4〜5年育て、山に植えてます」。幼木や弱い木は病気になりやすく、丈夫な木でも、鹿に木肌や新芽を食べられることも。「初めは苗木の植え方すらわからんかったが、今では桜の気持ちがわかる気がする」と、”孫たち“に話しかけながら様子を見回る紺谷さん。こうして毎年100本ほどの桜の苗木が植樹されている。
昨年は、復興の願いを込めて東日本大震災の被災地、福島県いわき市のお寺へも献木した。
尾根から尾根へ、谷から谷へ、吉野山の春は3万本の桜で染まる。「みなさんの支援あればこその吉野山です。わしらはそれを桜に伝える花咲か爺さんじゃ」
1204 吉野町/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
吉野山保勝会 桜守 作業員/一杉 甲子彦さん、紺谷 與三一さん
Ichisugi Kinehiko(左)
Kontani Yomikazu
吉野山の山桜を管理する吉野山保勝会の作業員。毎日公園内の下草刈りや雑木切りと、年中山の中で作業している。
財団法人吉野山保勝会
吉野郡吉野町吉野山2430
TEL/0746-32-1877(平日9時〜16時)
吉野山保勝会は大正5年、荒廃した桜山を守るため設立された。地元吉野町と地域住民をはじめ、国や県、企業などが協力し桜の保護育成に努めている。
makican
makican
/山野草の里づくりの会 村上 秀夫さん
/ならまちの引き売り 染井 大さん
/カフェ ねころん 経営 前川郁子さん
makican
/子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
/蔵じまいの危機から再生、 “大和の酒”造りに挑む7代目
/農家民宿 ほったらかし家 ボランティア団体「しもまる」会員 西岡千種さん
makican
/自給倶楽部「華坊主の里」 沢井啓祐さん 三家昌興さん 松本陽一さん
/自然派農場しもかわ 主宰 下川 麻紀さん
/ドールハウス・ミニチュア作家 シック・スカート(植田 定信)さん
makican
/竹アーティスト/「竹の國」代表 三橋 玄さん
/ふくさきわう代表 的場ふくさん
/奈良民俗文化研究所 代表 鹿谷勲さん
makican
/通訳・翻訳・ライター 川上村地域おこし協力隊員 エリック・マタレーゼさん
/NPO法人無形文化継承機構 福住S・ジョブズ・スクール理事長 前嶋文典さん
/とようけのもり 女将 野田 知江さん
makican
/歴史研究家 長田光男さん
/NPO法人 メディアネット宇陀 副理事長 稗田 睦子さん
/高山茶筌 翠竹園 伝統工芸士 稲田 有節 さん
makican
/井上 加代 さん
合同会社 ほうせき箱 代表/平井 宗助 さん
makican
農業家/松浦 猛さん
古代日本茜染研究所/宮崎 明子 さん
切り絵作家/石賀 直之 さん
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
makican
ページのTOPへ