自然と暮らす まほなび
◇命の音と温もりで、優しい心を育む
○獣医師・保護司/三本 隆行さん
makican
1202 奈良市/三本 隆行さん
1202 奈良市/三本 隆行さん
1202 奈良市/三本 隆行さん
1202 奈良市/三本 隆行さん
1202 奈良市/三本 隆行さん
1202 奈良市/三本 隆行さん
1202 奈良市/三本 隆行さん
1202 奈良市/三本 隆行さん
1202 奈良市/三本 隆行さん
makican
 「獣医の先生、こんにちは!」。子どもたちに迎えられたのは、獣医師の三本隆行さん。診療の合間に小学校を訪問し、飼育環境の指導と、命の大切さを伝えている。この日は奈良市鳥見小学校での授業だ。飼育小屋には4匹のウサギ。床にはきれいなワラが敷かれ、気持ちよさそうだ。外には草を食べ自由に走り回れる遊び場もある。「初めはニワトリとウサギを同じ小屋で飼い、床は穴ぼこだらけだったんですよ」と三本さん。
 活動の発端は13年前のこと、”学校のウサギの赤ちゃんが育たず、次々に死んでしまいます“という手紙が児童から来た。訪ねてみると、衰弱したウサギをどうすることもできずただ見守る児童と教師の姿があった。「少し環境を整えてあげるだけで状況はよくなる。学校飼育の現場が、動物も子どもも、先生も、つらい場所になっていると痛感しました」
 獣医師としていたたまれない思いにかられた三本さんは、正しい飼育方法を伝えようと、一人で数校を訪問。初めは不審に思われ追い返されることもあったが、噂が広まり依頼が増えていった。次に、所属する奈良獣医師会で学校飼育動物委員会を発足、賛同する仲間と本格的に活動をスタートさせた。「ウサギってどんな動物なのかな? どんな場所が好きなのかな? 君はキレイな部屋と汚れた部屋とどっちが好き?」と児童に問いかける。そうするだけで、ただ飼育しているという状態から、動物の立場になって飼育するように子どもたちが変わっていった。
 飼育環境は数回の訪問で改良され、活動の中心は犬や猫など動物を連れての訪問に。「ペットを飼えない家も多く、こうして動物と触れ合う中で温もりを感じてくれれば」と思い立ったからだ。また、保護司でもある三本さんは、6年前から少年院などの施設へも通っている。動物を目にするだけで、緊張している少年少女たちの様子が変わる。動物を抱いて、聴診器を胸に当て、命の音を聞く。そうすると今まで見たことのない表情を浮かべ、中には涙を流す子もいるという。「動物の力はすごいです。言葉は伝わらなくても、小さな命の温もりで、人を素直に、優しい気持ちにさせてくれる」と三本さん。
 今日の授業のテーマは”命をつなぐ“。「みんなは何のために生きているのかな?人も牛も犬もウサギも昆虫も、嫌いな人が多いゴキブリだって、ちゃんと何かのために生きている。そしてみんなの命がつながって生きているんだよ」。獣医師として保護司として今後も三本さんは、優しい命の温もりを伝えていく。
1202 奈良市/三本 隆行さん
獣医師・保護司/三本 隆行さん
Mimoto Takayuki
1960年大阪市生まれ。日本獣医生命科学大学(旧日本獣医畜産大学)大学院修了。平成元年、奈良県で西の京みもと動物医院を開業。獣医師・保護司として、学校や少年院等を訪問し生命尊重教育を行う。奈良保護観察所保護司、奈良県獣医師会学校飼育動物委員会委員長、帝塚山大学心理福祉学部心理学科非常勤講師、奈良教育大学自然環境教育センター研究員、NPO法人奈良県就労支援事業者機構理事。
【社会法人奈良県獣医師会・
学校飼育動物支援事業】

奈良市高畑町1116-6
農業振興会館内
TEL/0742-27-5653
makican
makican
/山野草の里づくりの会 村上 秀夫さん
/ならまちの引き売り 染井 大さん
/カフェ ねころん 経営 前川郁子さん
makican
/子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
/蔵じまいの危機から再生、 “大和の酒”造りに挑む7代目
/農家民宿 ほったらかし家 ボランティア団体「しもまる」会員 西岡千種さん
makican
/自給倶楽部「華坊主の里」 沢井啓祐さん 三家昌興さん 松本陽一さん
/自然派農場しもかわ 主宰 下川 麻紀さん
/ドールハウス・ミニチュア作家 シック・スカート(植田 定信)さん
makican
/竹アーティスト/「竹の國」代表 三橋 玄さん
/ふくさきわう代表 的場ふくさん
/奈良民俗文化研究所 代表 鹿谷勲さん
makican
/通訳・翻訳・ライター 川上村地域おこし協力隊員 エリック・マタレーゼさん
/NPO法人無形文化継承機構 福住S・ジョブズ・スクール理事長 前嶋文典さん
/とようけのもり 女将 野田 知江さん
makican
/歴史研究家 長田光男さん
/NPO法人 メディアネット宇陀 副理事長 稗田 睦子さん
/高山茶筌 翠竹園 伝統工芸士 稲田 有節 さん
makican
/井上 加代 さん
合同会社 ほうせき箱 代表/平井 宗助 さん
makican
農業家/松浦 猛さん
古代日本茜染研究所/宮崎 明子 さん
切り絵作家/石賀 直之 さん
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
makican
ページのTOPへ