自然と暮らす まほなび
◇代々の思いを「烏梅」に託し、美しき伝統の色を支える
○国選定文化財保存技術「烏梅製造」の保持者/中西喜久さん、邦子さん
makican
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
makican
 月ヶ瀬の梅の実が完熟し、あたり一面に甘い梅の香りが漂う頃、一軒の庭先で烏梅造りが始まる。梅雨の蒸すような暑さの中、髪を手拭いで覆い、手を真っ黒に染めて作業を進めるのは、月ヶ瀬生まれ月ヶ瀬育ちの中西喜久さん、邦子さん夫妻だ。
 毎年、半夏生の日に氏神天神にお参りし、翌日から烏梅造りが始まる。完熟して木から自然に落ちた梅の実を拾い集め、ススをまぶして窯で一昼夜蒸し焼きにする。それを種までカラカラになるよう、1か月近く天日で乾燥させるのだ。こうして完成させたものを『烏梅』と呼び、古くから薬や伝統的な紅花染めの媒染剤として珍重されてきた。
 喜久さんは小学生の頃から、邦子さんは義父である喜祥さんを嫁として手伝うことから始まった。梅スダレの一方を持って運んだり、雨が降ったらビニールシートをかぶせたり、作業を手伝いながら烏梅の話を何度も聞いた。「南北朝の頃、月ヶ瀬に逃れた園生姫が製法を伝えたと言われていて、米よりも高価なものでした。村のほとんどの家で作られ、梅の木もたくさん植えられました。月ヶ瀬梅渓が名勝とまでなったのも烏梅があったからとも。しかし、明治に入って化学染料が輸入され衰退し、戦後はうちだけとなったのです」
 1995年、国選定文化保存技術『烏梅製造』の唯一の保持者として認定された喜祥氏は今年3月、92歳で永眠。梅の花が春の訪れを告げた頃だった。それに次いで今年7月15日、喜久さんが保持者に認定された。その栄誉を喜びつつ、義父の技を後世につないでいけるのか、邦子さんはプレッシャーでもあるという。
 そんな二人を周囲の人がサポートしてくれた。体力のいる梅拾いも地元の有志の人たちが集めてくれ、製造に欠くことのできないススも伊賀の銭湯や地域の人が協力してくれた。一人では出来ない作業も親戚をはじめ皆が手伝ってくれた。昔ながらの製造法を守ることはたやすいことではない。便利になった今の時代、簡単に作る方法もあるかもしれない。雨が降りやすいこの時期を避けて作ることも出来るかもしれないだが、「昔からのホウゴト(決まり事)にはそうすべき意味があると思う」。伝えられたやり方を頑なに守り、「ただただ私たちに出来ることをやろうと思います」と明快だ。
 奈良時代の頃から大和に春の訪れを告げる行事のお水取り。ここで捧げられる椿の花の紅色にも欠かせず、中西家の人々と周囲の人々の協力で守り継いでいる。「烏梅を必要としている方がいて、応援してくださる方がいるから、頑張れます」
1109 月ヶ瀬/中西 喜久 さん 邦子 さん
国選定文化財保存技術「烏梅製造」の保持者/中西喜久さん、邦子さん
Yoshihisa&Kuniko Nakanishi
烏梅造りを営む最後の1軒。1995年に故中西喜祥氏が国選定文化財保存技術「烏梅製造」の保持者として認定された。今年3月逝去。7月長男喜久氏も同じく保持者に認定される。22歳で中西家に嫁いだ邦子さんは3人の子を育て、喜祥氏の烏梅製造を長年手伝い学び、中西家と烏梅を守っている。
【月ヶ瀬尾山の中西家】
奈良市月ヶ瀬尾山2263
TEL/0743-92-0560
makican
makican
切り絵作家/石賀 直之 さん
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
makican
めだか街道/枡田 秀美 さん
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
makican
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
makican
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
makican
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
makican
矢的庵/大矢 貴司 さん
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
makican
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
makican
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
makican
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
makican
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
makican
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
makican
野鳥写真家/与名 正三 さん
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
makican
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
makican
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
makican
木工家具職人/本田 昭彦 さん
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
makican
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
makican
makican
ページのTOPへ