自然と暮らす まほなび
◇草木や鳥が集う郷づくりに花鳥画の未来を託す
○日本画家・NPO法人花鳥の郷をつくる会理事長/上村 敦之さん
makican
1105 南山城村/上村 敦之さん
1105 南山城村/上村 敦之さん
1105 南山城村/上村 敦之さん
1105 南山城村/上村 敦之さん
1105 南山城村/上村 敦之さん
1105 南山城村/上村 敦之さん
1105 南山城村/上村 敦之さん
1105 南山城村/上村 敦之さん
1105 南山城村/上村 敦之さん
1105 南山城村/上村 敦之さん
makican
花鳥画の権威である日本画家の上村淳之さんが、京都府南山城村にある10万坪ほどの荒山を里山に再生する計画を進めている。このほど地元住民らと共にNPOを立ち上げ、本格的に動き出した。
この土地は縁あって上村さんが取得。鳥たちが住む里山に再生したいと地元の人たちに思いを話したところ、すぐに賛同者が現れ、元小学校校長の橋本洋一さんが事務局長となり3年前に実行委員会が立ち上がった。過疎化や高齢化に悩む地元の人たちの間で、これを機に村を元気にしたいと輪が広がっている。
上村さんからの要望は「法律のない山を作ること。重機を入れて再生しないこと」。つまりルールなど作らなくても人々の善意で運営される山。思いのある人たちが集まって、チェーンソーやのこぎりを使い、自分たちの手でコツコツと作っていく里山を目指す。
「目的は花鳥画の発展に結び付けたいんです」と上村さんは話す。人が山を手入れし、草木や鳥、動物が育ち、自然界の生物多様性が生まれる。そこから花鳥画も生まれてきた。それは東アジア独特の風土だという。だがそんな自然が今失われつつある。
「それは花鳥画の危機です。もしかしたら私が世界最後の花鳥画家になるかもしれない。なんとしても後世につなげなければ」。それが里山再生への思いだ。
上村さんは、祖母・松園さん、父・松篁さんに続く、日本画家の一家。松篁さんが花鳥画を描いてきたため、幼少の頃から家には多くの鳥や小動物がおり、彼らが遊び相手であり話し相手だった。彼らにいろんなことを教わったという。自然に淳之さんも日本画家を目指すようになり美術大学に進学。画家に反対する父の元を離れ、祖母が別荘として晩年を過ごした奈良市の山陵町に引っ越し一人暮らしを始めた。1万坪の広い敷地に自分一人、そこから鳥を少しずつ飼い始め、今では250種、約1500羽が上村家に同居する。
「絵を描くより鳥の世話をしている方が好き」というほど鳥に愛情を注ぎ世話をしてきた。そのうち専門家が考えもしない奇抜な発想で、不可能とされたシギやチドリをはじめ様々な鳥の人工ふ化に成功。上村さんの元には大勢の関係者や専門家が教えを乞いにくる。
人生の大半を鳥と過ごしてきた上村さん、絵は日常の生活から生まれねばと言う。そして裸眼で捉えた世界を胸中で長い時間をかけて夢想の世界に昇華させ、その夢の世界の具現化が絵画であると結論する。「一木一草に神仏が宿り、木々も動物も人間も同じくして存在する」というのが上村さんの哲学だ。
「本物を知らないと絵は描けません。だからこそ里山を再生し、本物の自然を感じてほしいのです。自らの眼で観察し、感性で描きあげる喜びを後進に伝えることが、先人から受けついだ私の務めと思っています」。
会の活動として、現地調査ほか、探鳥会、ササユリ見学会などを開催している。再生作業については、2月末、皆で第3回目の手入れに入った。高校生もいれば、小学生、園児から高齢者まで幅広く参加。下草刈りなど根気がいるが、上村さん自ら先頭に立ち、皆と汗を流している。
上村さんの花鳥画に背景はほとんど描かれない。「この余白は空気感です。鳥たちが住む空気感。それが体感出来る里山を皆さんとともに作ります」。
1105 南山城村/上村 敦之さん
日本画家・NPO法人花鳥の郷をつくる会理事長/上村 敦之さん
Atsushi Uemura
1933年、上村松篁氏の長男として京都に生まれる。京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)に学ぶ。1995年、日本芸術院賞受賞。昨年、平城宮跡の第一次大極殿に四神と十二支を描き上げた。日本芸術院会員。京都市立芸術大学名誉教授。創画会会員。京都市学校歴史博物館館長。(財団法人 松伯美術館 館長)
【NPO法人花鳥の郷をつくる会】
サポーター募集中
TEL・FAX/0743-93-0906(事務局:橋本)
賛助会員など受付。詳細は事務局まで。
makican
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
makican
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
makican
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
野鳥写真家/与名 正三 さん
makican
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
makican
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
makican
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
木工家具職人/本田 昭彦 さん
makican
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
makican
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
五條市役所大塔支所/辻本尚克さん
makican
makican
ページのTOPへ