自然と暮らす まほなび
◇伝統工芸「大塔坪杓子」を伝える唯一の職人
○杓子職人/新子 光 さん
makican
1012 大塔町/新子 光 さん
1012 大塔町/新子 光 さん
1012 大塔町/新子 光 さん
1012 大塔町/新子 光 さん
1012 大塔町/新子 光 さん
1012 大塔町/新子 光 さん
1012 大塔町/新子 光 さん
1012 大塔町/新子 光 さん
makican
天川村よりさらに南、吉野の山中深くに位置する大塔町。その名は南北朝時代、この地の郷土が隠遁中だった大塔宮護良親王を助け、建武の中興を実らせたことに由来する。
新子光さんは、あたりの伝統工芸品である「大塔坪杓子」の職人。金髪で、服はニッカポッカ。ただ目元はやさしく、笑顔に格別の愛嬌がある。戦前までは、地区中の人がしていたという杓子作りだが、今も続けている家は、新子さん一軒だけ。それも数年前、祖父の薫さんが体調を崩し引退してからは、光さんが唯一の職人となった。
素材となるのは、樹齢70年ほどの栗の木。生木の間は加工しやすく、乾燥させると軽くなり、水に強く丈夫なためだ。杓子は使い込むほどに黒く変色し、やがて古い大黒柱のような、味わい深い色味になる。食洗機などで洗うことは出来ないが、大事にすれば、100年ももつ。何より、使うほどに手に馴染む杓子は、「道具を育てる楽しみ」を与えてくれる。
小さな頃は、学校から帰ると自宅近くの作業場で、薫さんと一緒にお菓子を食べるのが日課だった。そうやって杓子作りを、見るともなしに見る。「この仕事は、手取り足取り教わるものではありません。『どんな勉強をしたか』と聞かれれば、『昔から祖父の仕事を間近に見た』というくらいでしょうか」。
やがて車に興味を持つようになり、高校は自動車課に進学、寮で生活した。整備士の資格も取得し就職先も紹介してもらったが、伝統を途絶えさせてはいけないと、卒業後は大塔へもとることにした。その後は80歳近い祖父と二人暮らし。毎日家事全般をこなしながら、時間を見つけては杓子作りに取り組んだ。
光さんが自作の杓子を販売するようになったのは、実はつい最近。以前の作品は出来にばらつきがあり、売るのに抵抗があったためだ。作品が大きく変わったのは、薫さんが杓子作りを引退してから。「自分がやらなければ」という責任感と、何より、使う人の気持ちを考えるようになったのが大きな違いだそうだ。
「昔は使い勝手も何も考えず、ただ杓子の形にしていた」。杓子作りの時間が取れないと嘆いていたはずの家事が、今になって生きている。
日本を見回すと、木杓子を作る地域は多い。ただ型を使わず、大ナタを振るって、生木から一気に仕上げてしまうのは、この地区だけだ。作業は早朝から、日付が変わる頃まで続くことも。それでも、一日に出来るのは5〜10本だという。
今、伝統を守るのも、家の家計を守るのも、光さんただ一人。薫さんはその仕事を見守り、アドバイスをすることなどほとんど無い。「自分なりの方法を身に付けるのが一番ですから」。静かな山里に、光さんの、ナタを打つ音がこだまする。
1012 大塔町/新子 光 さん
杓子職人/新子 光 さん
Atarashi Hikaru
1986年、旧大塔村(現大塔町)に生まれる。奈良大学付属高校自動車工学科を卒業後、祖父の新子薫さんに師事、杓子作りを学ぶ。現在「大塔坪杓子」を伝える唯一の職人として「杓子屋 新子」を営む。
【杓子屋 新子】
所/五條市大塔町惣谷224
TEL・FAX/0747-36-0368
makican
makican
/山野草の里づくりの会 村上 秀夫さん
/ならまちの引き売り 染井 大さん
/カフェ ねころん 経営 前川郁子さん
makican
/子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
/蔵じまいの危機から再生、 “大和の酒”造りに挑む7代目
/農家民宿 ほったらかし家 ボランティア団体「しもまる」会員 西岡千種さん
makican
/自給倶楽部「華坊主の里」 沢井啓祐さん 三家昌興さん 松本陽一さん
/自然派農場しもかわ 主宰 下川 麻紀さん
/ドールハウス・ミニチュア作家 シック・スカート(植田 定信)さん
makican
/竹アーティスト/「竹の國」代表 三橋 玄さん
/ふくさきわう代表 的場ふくさん
/奈良民俗文化研究所 代表 鹿谷勲さん
makican
/通訳・翻訳・ライター 川上村地域おこし協力隊員 エリック・マタレーゼさん
/NPO法人無形文化継承機構 福住S・ジョブズ・スクール理事長 前嶋文典さん
/とようけのもり 女将 野田 知江さん
makican
/歴史研究家 長田光男さん
/NPO法人 メディアネット宇陀 副理事長 稗田 睦子さん
/高山茶筌 翠竹園 伝統工芸士 稲田 有節 さん
makican
/井上 加代 さん
合同会社 ほうせき箱 代表/平井 宗助 さん
makican
農業家/松浦 猛さん
古代日本茜染研究所/宮崎 明子 さん
切り絵作家/石賀 直之 さん
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
makican
ページのTOPへ