自然と暮らす まほなび
◇卒サラし、千葉から都祁へ 自然に学び、農と遊ぶ
○つかはら自遊農園/塚原 省一 さん
makican
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
makican
都祁吐山町、山間の吐山すずらん群落地を目指して坂を登って行くと、黄色い小屋が見えてくる。ここが有機農業を実践している「つかはら自遊農園」だ。
笑顔で出迎えてくれた代表の塚原省一さんは千葉県出身。もともと自然食品を取り扱う会社に勤務していた。たくさんの農家の人と触れ合ううちにあこがれを抱くようになった。「自分でもやりたい、土に触れて生きたい」と農地探しが始まった。
各県の農業会議に問い合せ、偶然奈良県が紹介した都祁村の国のパイロット事業により山肌を削って農地としたこの場所が気に入った。「有機農法をすると決めていたので、農薬を使わず害虫が出た時に、他の田畑に被害の出ない場所というのが条件でした。都祁という地名すら読めなかったが、集落の一番上、木々に囲まれた立地と、晴れた日には遠くの山々まで見渡せる景観の素晴らしさが気に入りました」。
農地が決まりいよいよスタート。と思われたが、山肌を削っただけの農地には石がゴロゴロ。「見えている石が小さいと思っていたら大間違い。氷山の一角。掘れば岩のような石や、次から次へと見つかる石。何個も掘り出しました。今じゃ農園の石垣となってます」。石との戦いの日が終われば、土との戦い。やせた土でも育つさつま芋でさえ育たない状態だった土に、化学肥料を使わず、鶏糞、牛糞、モミ殻などを混ぜ一から土作り。まともに作物が収穫できるようになるまで6〜7年かかったそうだ。「今でも雑草や虫、モグラ、猪などと毎日戦いですが、間にあいませんね」と話しながらも虫退治に余念がなかった。
田畑と共に、この農園では約1500羽の鶏を飼育している。ここの鶏たちはビックリするくらい人懐っこい。怖がりもせずに人に寄ってくる。「毎日見回っていると鶏だって懐きますよ。僕の足にまとわり付く鶏もいますしね。」自由に歩き回れる広い鶏舎でのびのびと暮らし、くず米やゴマなどを自家配合した飼料を食べて育った鶏の卵は、臭みがなく、味は濃厚、箸で黄身がつまめるほどの弾力がある。
野菜と共に奈良や大阪のレストランなどで使われ、自然食の店や道の駅などで好評のようだ。「安全な飼料を食べて育った鶏、その卵はおいしく、糞も良質な堆肥となります。良質な堆肥で育った野菜はまた格別」。
現在、塚原さんの元には2人の研修生がいる。ここで有機栽培を学び、独立するためだ。今までにも何人もの研修生を受け入れてきた塚原さん。「ここ何年かは若い人が増えてきました。有機栽培は手間がかかります。出荷量が安定しないのも大きな課題です。そのぶん良い物が獲れ消費者の方に喜んでもらえた時の喜びはひとしおです。農業の魅力を知った若い担い手がどんどん増えていって欲しいですね」。消費者にも、作っている人や、どんな場所で、どうやって作られているのか農を知って欲しい。みんなに来てもらって、一緒に『農』と遊ぼう!『つかはら自遊農園』にはそんな思いが込められている。
1008 都祁吐山町/塚原 省一 さん
つかはら自遊農園/塚原 省一 さん
Tsukahara Shouichi
1950年、千葉県に生まれる。大学卒業後、自然食品会社で約14年間勤務し、39歳の頃退職。大阪の尾崎零氏の下で短期研修を受け、奈良県の都祁村で独立。有機農業を始め20年が経ち、今では、多くの野菜を、若き担い手達と共に育てている。
有機野菜と平飼い自遊卵 つかはら自遊農園
所/奈良市都祁吐山町4381
TEL・FAX/0743-82-1021
makican
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
makican
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
makican
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
野鳥写真家/与名 正三 さん
makican
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
makican
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
makican
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
木工家具職人/本田 昭彦 さん
makican
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
makican
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
五條市役所大塔支所/辻本尚克さん
makican
makican
ページのTOPへ