自然と暮らす まほなび
◇二上山の麓、今冬も酒造りに励む
○大倉本家/大倉 隆彦 さん
makican
0911 香芝市/大倉 隆彦 さん
0911 香芝市/大倉 隆彦 さん
0911 香芝市/大倉 隆彦 さん
0911 香芝市/大倉 隆彦 さん
0911 香芝市/大倉 隆彦 さん
0911 香芝市/大倉 隆彦 さん
0911 香芝市/大倉 隆彦 さん
makican
二上山の麓、香芝市鎌田に伝統的な酒造方法を守りながら、地元の自然の恵みを生かし、若い感性で新たな酒造りに挑む大倉本家がある。江戸時代に建てられた自宅兼事務所はかやぶき大和棟。土間にはかまどがあり、湯を沸かすなど今でも毎日使われている。
明治29年創業の大倉本家は、室町時代から奈良に伝わる水もとによる酒造りを続けている。昭和3年から、平成12年に3代目である父・勝彦さんが病に倒れ、蔵が休造となるまで、奈良県の神社庁の委託を受け御神酒として納めていた濁酒を製造していた。
横浜で会社勤めをしていた隆彦さんは、伝統を絶やしてはいけないと、酒蔵の再開を願い病床の父を何度も説得。「父は造り酒屋の厳しさを知っているし、廃業を決めていたので、説き伏せるのには苦労しました。半ば反対を押し切って再開させた感じでしたが、1期目を見届けてくれました」。
長年蔵を支え、休造中も再開を信じて待っていた杜氏たち、商社の営業マンだった義兄など、周りの人々の協力で3年ぶりに酒造りを再開させた。「ここからはえらいこっちゃでした。酒造りは素人でしたからね。日々工程は変わるし、何が起こるかわからない。見聞きする事、感じたことすべてが勉強、今では寝ても覚めても酒のことでいっぱいです」。
代々守られてきた室町時代の製法「水もと仕込み」を後世に継ぐべきと、2年目に濁酒を復活。この酒は蔵の壁や道具に住み着く天然酵母を用い酒母の育成段階で生米を使用するのが特徴。もろみがそのまま入り、飲むというより食べる感覚の深い味わいだ。その他、大倉本家の代々の味「金鼓」、去年よりも良いものをと進化していく「大倉」は、通常の倍以上の時間と労力をかけ自然の乳酸菌の育成を導く山廃もとという酒母を使用する「山廃仕込み」で造っている。「手間隙はかかるが、これが大倉本家のこだわりであり、この蔵でしか出せない味」。
2009年6期目を迎える4代目は、7年ほど前から蔵の近くでヒノヒカリを育てている。「ここから見る二上山が一番好きなんですよ」と、田んぼに案内してくれた。以前はトラクターの乗り方さえわからなかったそうだが、空を見て「明日はかなり雨が降りそうだ」と溝に土のうを入れるほどに。
秋に収穫される自家栽培の米はタンク1本分になるそうだ。「地の米、地の水、地の風土、メイド イン 鎌田!」。11月、今年も大倉本家の酒造りが本格的に始まる。
0911 香芝市/大倉 隆彦 さん
大倉本家/大倉 隆彦 さん
Ookura Takahiko
奈良県香芝市の蔵元大倉本家に生まれる。横浜で会社員として勤務。父の病気を機に奈良に戻り、大倉本家4代目蔵元となる。休造していた酒造りを再開させ、代々伝わる「水もと仕込み」「山卸廃止もと仕込み(山廃仕込み)」を守る。
【大倉本家】
所/香芝市鎌田692
TEL/0745-52-2018
http://www.kinko-ookura.com
makican
makican
切り絵作家/石賀 直之 さん
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
makican
めだか街道/枡田 秀美 さん
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
makican
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
makican
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
makican
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
makican
矢的庵/大矢 貴司 さん
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
makican
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
makican
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
makican
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
makican
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
makican
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
makican
野鳥写真家/与名 正三 さん
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
makican
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
makican
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
makican
木工家具職人/本田 昭彦 さん
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
makican
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
makican
makican
ページのTOPへ