自然と暮らす まほなび
◇宇陀の山中深く、3000本のカエデに囲まれて暮らす
○カエデ研究家/矢野 正善 さん
makican
0910 菟田野/矢野 正善 さん
0910 菟田野/矢野 正善 さん
0910 菟田野/矢野 正善 さん
0910 菟田野/矢野 正善 さん
0910 菟田野/矢野 正善 さん
0910 菟田野/矢野 正善 さん
0910 菟田野/矢野 正善 さん
0910 菟田野/矢野 正善 さん
0910 菟田野/矢野 正善 さん
makican
宇陀は飛鳥時代、皇室の猟場があったとされる場所。今も豊かな自然のなか、鹿や猪が多く生息する。その山中、携帯電話も通じない場所に、矢野さんが居るカエデ圃場がある。委託しているのは「菟田野花き植木切り花研究会」。およそ5000?の敷地に約1200種3000本のカエデが植栽されており、水やりだけでも会員2人がかりで2時間半を費やす。
矢野さんはもともと、関西料理写真の草分けとして活躍したカメラマン。制作に関わった誌面は数千に及び、今も「先生」と慕う雑誌編集者は多い。カエデの研究を始めたのも、撮影に使う季節の茶花を、奈良市内の自宅の庭で栽培したのがきっかけだった。
「最初はカエデだけでなく山野草も育てていましたが、いつのまにかカエデばかりになってしまいました。これほど有名で身近な植物なのに、詳細な観察はほとんどされていない。調べようにもきちんとした資料が見つからない。それならば自分がと、軽い気持ちで研究を始めたんです」。
平成15年に撮影から編集まで自信で手がけた『カエデの本』を出版。平成18年に菟田野町からカエデ専門家として招かれ、以来この地でカエデと共に暮らしている。
一般にカエデが注目されるのは秋。それ以外の季節に関心を払う人はほとんどいない。ただ、矢野さんが一番好きなのは、春だと語る。
「カエデは秋に色づき、春は緑と思っている方が多いと思いますが、それは違います。カエデの種類は数千もあるんです。色づく時期も、品種によってさまざま。中には常緑のものや、春に鮮やかな赤い葉をつけるものもあるんです」。
語りながらも、カエデの世話に余念がない。一番の鑑賞ポイントを聞くと、色だと教えてくれた。「赤、緑、黄と、色を口で説明することはできます。ただ、赤一つとっても、燃えるような赤から神社の鳥居に使われるような赤、少し色あせ、やわらかくなった赤など様々あります。たくさんの品種を一度に見ていただければ、そういう色の違いを体感してもらえると思いますよ」。
確かに「赤」や「緑」では説明できない色の違いがある。カメラの仕事で培われた矢野さんの目を通すと、なおさらのことだろう。
目指しているのは世界一のメープルパーク。「自由に散策できる自然観光植物園を作って、世界中のカエデの原木を集めて、そこには喫茶室も設置して…」と、矢野さんの構想は尽きない。しかもその一部はすでに、旧宇多小学校の運動場や旧保育所を利用する形で実現に向け動いているそうだ。
町中の街路樹も、そろそろ色づく。圃場のカエデもまた、さまざまな色合いで、矢野さんの目を楽しませていると思う。カエデの色がこれほど多様なのは、木々が矢野さんのカメラを意識した結果ではないだろうか。
0910 菟田野/矢野 正善 さん
カエデ研究家/矢野 正善 さん
Yano Masayoshi
大阪府に生まれ、奈良で育つ。写真スタジオ勤務、故入江泰吉氏の弟子などを経てフリーの料理写真家に。45歳ごろから自宅の庭で茶花の栽培を開始、やがてカエデの庭となり、『玩槭庭』と命名する。平成18年からは菟田野に移り、カエデ圃場を管理しながら研究を続ける。
【宇陀市カエデ圃場】
宇陀市菟田野宇賀志1935
見学は無料(要予約)、10:30〜16:00
TEL/0745-84-4760
http://ganshuku.cool.ne.jp
makican
makican
/山野草の里づくりの会 村上 秀夫さん
/ならまちの引き売り 染井 大さん
/カフェ ねころん 経営 前川郁子さん
makican
/子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
/蔵じまいの危機から再生、 “大和の酒”造りに挑む7代目
/農家民宿 ほったらかし家 ボランティア団体「しもまる」会員 西岡千種さん
makican
/自給倶楽部「華坊主の里」 沢井啓祐さん 三家昌興さん 松本陽一さん
/自然派農場しもかわ 主宰 下川 麻紀さん
/ドールハウス・ミニチュア作家 シック・スカート(植田 定信)さん
makican
/竹アーティスト/「竹の國」代表 三橋 玄さん
/ふくさきわう代表 的場ふくさん
/奈良民俗文化研究所 代表 鹿谷勲さん
makican
/通訳・翻訳・ライター 川上村地域おこし協力隊員 エリック・マタレーゼさん
/NPO法人無形文化継承機構 福住S・ジョブズ・スクール理事長 前嶋文典さん
/とようけのもり 女将 野田 知江さん
makican
/歴史研究家 長田光男さん
/NPO法人 メディアネット宇陀 副理事長 稗田 睦子さん
/高山茶筌 翠竹園 伝統工芸士 稲田 有節 さん
makican
/井上 加代 さん
合同会社 ほうせき箱 代表/平井 宗助 さん
makican
農業家/松浦 猛さん
古代日本茜染研究所/宮崎 明子 さん
切り絵作家/石賀 直之 さん
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
makican
ページのTOPへ