自然と暮らす まほなび
◇大好きな吉野の自然を作品に
○あかり作家/坂本 尚世 さん
makican
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
makican
ピンクからオレンジへと、吉野の山並みや空を暖かな色で包む夕日。そんな夕日を思わせる優しい灯りを作り出しているのが、あかり作家の坂本尚世さんだ。
吉野郡大淀町にある坂本さんの自宅兼工房は、吉野の木をふんだんに使ったナチュラルな家。工房に一歩足を踏み入れると、ヒノキの香りが胸いっぱいに入ってくる。そこに並ぶ、吉野ヒノキと吉野和紙で作った灯りの数々。やわらかい色に心がふんわり包まれる。
坂本さんの実家は吉野の製材所。小さい時から工場を遊び場に、木に触れて育ってきた。短大を卒業後、インテリアの仕事がしたくて、設計事務所を経て、専門学校に通った。そこで出合ったのが照明デザインだ。居心地のいい居住空間に重要な要素となるのが照明と気づき、履修した講師が、灯りの師匠となった。
「照明は単なるインテリアではなく心理学であると。ライトテラピーという言葉を学び、とてもひかれました」。人間は太陽がのぼるとともに朝日をあびて、白日の下に仕事をし、夕日が沈む頃、家に帰りリラックスする体になっている。だから夜寝る前に蛍光灯を使うと脳がリラックスしないという。
ライトテラピーと言える、人に癒しを与える灯りを作りたい。そのための暗めのオレンジ色を作り出すものを探していたら、身近にあったのがかんなくずだ。「『あっ、これだ』と思いました」。
吉野のよさに気づいたのもこの頃だった。高校時代から大阪に10年通ってみて、普通の田舎だと思っていた吉野が、実はどんなに素朴で美しいかに気づかされた。
オレンジ色は、吉野の夕日の色。父もこだわった吉野ヒノキを使ってその色を出してみようと、師匠のところに押しかけて学んだ。ほか必要と思うことは何でもやってみた。木工教室で、かんなのとぎ方、木の扱い方の基本を学び、別の木工所に頼み込み、電動かんなの使い方をマスターした。木は呼吸しているので、反ってきたり色が変わってきたりする。そんな壁にもぶち当たりながら、薄くスライスした木の透け感をランプシェイドに生かしたもの、かんなくずを張り合わせたものなど、木を生かす作品を作っていった。
始めて2年後、「吉野 山灯りコンテスト展」イベントに参加。1年後には初の個展を開き、さらに、吉野和紙と組み合わせた作品づくりへと進化していった。
そして今、灯りだけではなく、スライスした木の板を張り合わせた光壁を発表、建築家の目にとまり、東京のショップや修善寺の高級旅館などに使われている。
吉野の木は植林して数百年もたって使われます。植林育成の技術と、自然の恵みがあってこそ育つもの。世界にも誇れる吉野ヒノキや杉を、もっともっと広めたい。同時に愛してやまない吉野をもっと知ってもらいたい」。 
家の二階のベランダから吉野の山々と金峯山寺が見えるという。「毎日、今日の山はどうかなあって眺めています。季節やお天気によって日々変わる表情を楽しんでいます」。
0901 大淀町/坂本 尚世 さん
あかり作家/坂本 尚世 さん
Sakamoto Hisayo
奈良県吉野町生まれ。98年照明塾の橋田裕司氏と出会う。99年あかり創りをはじめる、2001年吉野山灯りコンテスト展に参加、02年から個展。現在、地元の銘木・吉野檜、吉野手漉き和紙を使った「あかり」製作、吉野檜(杉)光壁製作、あかりでイベントを演出、「あかりづくり教室」開催など。
makican
makican
/山野草の里づくりの会 村上 秀夫さん
/ならまちの引き売り 染井 大さん
/カフェ ねころん 経営 前川郁子さん
makican
/子どもの自然の遊び場 彩雲ひろば 主宰 新井博子さん
/蔵じまいの危機から再生、 “大和の酒”造りに挑む7代目
/農家民宿 ほったらかし家 ボランティア団体「しもまる」会員 西岡千種さん
makican
/自給倶楽部「華坊主の里」 沢井啓祐さん 三家昌興さん 松本陽一さん
/自然派農場しもかわ 主宰 下川 麻紀さん
/ドールハウス・ミニチュア作家 シック・スカート(植田 定信)さん
makican
/竹アーティスト/「竹の國」代表 三橋 玄さん
/ふくさきわう代表 的場ふくさん
/奈良民俗文化研究所 代表 鹿谷勲さん
makican
/通訳・翻訳・ライター 川上村地域おこし協力隊員 エリック・マタレーゼさん
/NPO法人無形文化継承機構 福住S・ジョブズ・スクール理事長 前嶋文典さん
/とようけのもり 女将 野田 知江さん
makican
/歴史研究家 長田光男さん
/NPO法人 メディアネット宇陀 副理事長 稗田 睦子さん
/高山茶筌 翠竹園 伝統工芸士 稲田 有節 さん
makican
/井上 加代 さん
合同会社 ほうせき箱 代表/平井 宗助 さん
makican
農業家/松浦 猛さん
古代日本茜染研究所/宮崎 明子 さん
切り絵作家/石賀 直之 さん
makican
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
めだか街道/枡田 秀美 さん
makican
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
makican
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
makican
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
makican
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
矢的庵/大矢 貴司 さん
makican
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
makican
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
makican
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
makican
makican
ページのTOPへ