自然と暮らす まほなび
◇農業はやり方次第でおもしろい
○熊代農園/熊代 敬三 さん
makican
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
makican
奈良の特産品、柿の生産全国一を誇る旧西吉野村。そこで農園業を営む4代目の熊代敬三さん。。柿3.5ヘクタール、梅3.5ヘクタールを管理する。
3月は梅の花が一面に咲き香り、近づく春に心躍る季節だ。4月になれば、つぼみをつけた柿の、つぼみとり作業に追われる。柿の実を大きく作るために、一枝に7〜8個ついたつぼみを一個にする。6月は梅の実の収穫作業。7月はまだ青い柿の実をさらに選別、悪い柿を落とす。9月から刀根早生柿と呼ばれる渋柿の収穫、その後は富有柿の収穫、冬は梅の天日干し作業、剪定など、一年中休むまもなく作業に追われる。
敬三さんは、熊代家の3男。大学を卒業後、大阪で就職、呉服の営業についた。が、兄2人が家業を継がず、街中の賑やかな仕事から一年も経たないうちに呼び戻された。「兄らが継がないなら、仕方ないかなあって。まあ周りの同級生も継いでたし、元々都会より田舎が好きやし、西吉野が好きやから」。
せっかくやるのなら、前向きに夢を持って楽しくやろうと、従来の農地に国営農地を買い足して増やし、師匠である父と一緒に、梅の有機栽培を始めた。農業は子どもの頃から手伝っていたので要領はわかるが、いざ本格的にやるとなると難しい。ましてや有機栽培は、土から変えなければならない。3年たって土に化学物質がまったくなくなってから梅の木を植え、農薬を使わず丁寧に育てていく。「虫に食べられますが、仕方ない。我慢比べです」。雑草も、除草剤は使えないので、半年の間に10回以上草刈りをする。農薬を使わないので、収穫量も慣行栽培の7割程度だ。
だが、安全・安心と品質のよさが買われて、奈良県のエコファーマー認定はもちろんのこと、堆肥の原材料に至るまで審査が非常に厳しいヨーロッパのECO CERT(エコサート)の認定を受け、仲間と二人で作った「大和まごころ会」からヨーロッパに有機梅を輸出している。海外で有機JAS資格を取得しているのは、全国でここだけだ。
柿も有機栽培を試みたが、現在、まだ成功しておらず、低農薬の柿として出荷。だが柿も質がいいと口コミでお客がつき、大阪や兵庫から直接農園に買いに来る。また10年前からインターネット販売も行っているが、ネットで買った人が、どんなところで出来ているのかと見学に来る人もいるという。直売を含むと、毎年10kg箱8000ケースが売り切れる。
向上心は人一倍。仲間との勉強会や研究会などを開き、熱心に研究。「でも自然相手だし、同じものを作っているのに毎年違う。何年やっても1年生です」とあくまで謙虚。今は、果樹のすきまに出来ることはないかと、花ザンショウの栽培を試みている。「農業はやり方次第で本当におもしろい。夢は、こだわりの生産者ばかりが集まった直売所を作ること。お客様の顔が見える、声が聞ける販売を目指します」。
0803 西吉野町/熊代 敬三 さん
熊代農園/熊代 敬三 さん
Kumashiro Keizo
西吉野は昔からの村なので、守るべき神様や仏様がたくさんおられて行事が目白押しです(笑)。白銀山の頂上にある波宝神社はご祭神が神功皇后。村の宝です。
makican
makican
切り絵作家/石賀 直之 さん
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
makican
めだか街道/枡田 秀美 さん
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
makican
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
makican
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
makican
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
makican
矢的庵/大矢 貴司 さん
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
makican
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
makican
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
makican
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
makican
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
makican
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
makican
野鳥写真家/与名 正三 さん
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
makican
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
makican
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
makican
木工家具職人/本田 昭彦 さん
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
makican
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
makican
makican
ページのTOPへ