自然と暮らす まほなび
◇日本人の「美のものさし」になりたい
○音楽家・尺八奏者/泉川獅道さん
makican
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
makican
尺八というと枯れた、いぶし銀のような音色で年配の奏者が演奏するイメージだが、教室に集まっているのは小学生、女子大生、主婦や会社員から熟年まで様々。指導者は31歳という若き奏者、泉川獅道さんだ。平成23年、當麻寺中之坊の奏師号を授かり、法要では虚無僧姿で声明と合わせて音楽を捧げる。
泉川さんは、同じく中之坊奏師を任じられた米国人の尺八奏者ジョシュ・スミスさんとデュオ『黒船』を結成しオリジナルCDも出している。現在、父親の看病のため母国に帰ったスミスさんとインターネットでやり取りしながら、3枚目のアルバムを制作中だ。
泉川さんの音楽遍歴は多岐に渡る。3歳からピアノや音楽理論、作曲法、様々な楽器の演奏法を学び、絶対音感を持つ才能の持ち主。小学生で作曲を始め、なんとCD『黒船』の代表作「咲く良」は小学3年生の時作った曲だ。そんな神童も中学時代はロックに目覚め、バンドを結成。高校で洋楽からJ-POPまであらゆる音楽と楽器を経験し、自分の可能性を探した。大学では「新しい音楽が自分を待っている」と、大阪芸術大学で音楽工学を専攻、最先端の電子音響音楽を学んだ。
尺八は大学の授業で湯浅富士山師に出会い、まず合奏を勉強。人生を大きく変えたのが、虚無僧の世界的研究者である志村禅保師の独奏「鶴之巣籠」を聴いた時だ。
「何だこれはと思いました。鶴が飛んできて卵を産んで育てて最後に死ぬまでの情景が目に浮かぶんです」
尺八たった1本でオーケストラに並ぶほどの深さを見せられ、今まで学んだ音楽のすべてがぶち壊された。さらにその夏、短期留学したフランスでも大きな衝撃を受ける。それは、ヨーロッパの人々が自国の音楽の歴史や伝統楽器に非常に詳しく、それを誇りに思っていること。日本の伝統楽器についても彼らの方が詳しかったこと。「君たちはなぜ知らないんだ」という言葉に驚き恥じた。
帰国後、江戸時代、普化禅宗の僧侶・虚無僧が吹く仏教芸術としての尺八について研究を進めた。そして同じ感性で尺八を捉えるスミス氏との出会い。平成22年には2人でCDをひっさげ全国ツアーを開催。同年APEC2010奈良観光大臣会合でも演奏し、『こんなすばらしい音楽は聴いたことがない』と涙を浮かべる米国人女性高官の姿に『僕らには国境を越えてやらないといけない音楽がある』と2人で誓いあった。伝統文化を継承するため虚無僧研究会に所属して、虚無僧姿で各法要や大会にも参加している。
泉川さんの父は吉野川上村の出身、幼少の頃山で遊んだ記憶が心の奥にある。母は秋田の漁港町の出身。山村と漁村の遺伝子を持つ人間が大阪の千里ニュータウンで生まれ育ったというのも面白い。「だからこそ、美しい自然に惹かれ、DNAが目覚めたのかもしれません」
奈良は日本で一番ロマンチックな土地であり、日本人の「美のものさし」を支えている場所だという。「尺八に縁深い奈良の悠久の歴史に挑むことは、日本に生まれた一つの幸せです。僕の演奏が皆さんのものさしになれるよう精進します」
1301 葛城市當麻寺/泉川 獅道さん
音楽家・尺八奏者/泉川獅道さん
Shido Izukawa
1981年、大阪に生まれる。大阪芸術大学大学院卒業、博士号取得。尺八奏者であるとともに、作曲・編曲など音楽プロデュース全般において幅広く活躍。「アクースマティック音楽」という現代音楽においても成果を上げている日本では数少ない音楽家。大阪芸術大学非常勤講師。
直近の泉川さんの演奏
當麻寺中之坊「導き観音祈願会 音楽法要」
平成25年1月16日、2月16日 各14時〜

【問い合わせ】
當麻寺中之坊 
葛城市當麻1263
TEL/0745-48-2001(9時〜17時)
Eメール/nakanobo@taimadera.org
URL/www.taimadera.org/

【獅道尺八塾 當麻寺(中之坊)道場】
※体験レッスン
 毎月16日の、導き観音祈願会終了後 約30分
 無料(ただし中学生以上は拝観料500円要)

※グループレッスン
 第1、第3木曜日 16時〜、17時〜、18時〜
 いずれも約60分
 一般 月1回3000円、月2回5000円
 学生 月1回2000円、月2回4000円
makican
makican
切り絵作家/石賀 直之 さん
河内・江州音頭倶楽部 奈良躍遊会/高岡 伸和 さん
奈良・人と自然の会/森 英雄 さん
makican
めだか街道/枡田 秀美 さん
映像作家/保山 耕一 さん
奈良県立医科大学 名誉教授/大𥔎 茂芳 さん
makican
TANTANAKUY 井上工房/井上 暁 さん
竹細工職人/浦嶋 正幸 さん
有限会社津田瑞苑/津田 和佳 さん&祥乃 さん
makican
曽爾村役場企画課 曽爾村農林業公社事務局/髙松 和弘 さん
農家のお米屋おおの/大野 收一郎 さん
人形作家/岡本 道康 さん
makican
相楽木綿(さがなかもめん)伝承館代表/福岡 佐江子 さん
前鬼宿坊 小仲坊 61代目/五鬼助 義之さん 三津子さん
川上村エコツアー推進プロジェクト<br>“山遊び塾ヨイヨイかわかみ”/竹中 雅幸 さん
makican
矢的庵/大矢 貴司 さん
民宿タッサン/北岡 悠揮 さん 由妃 さん
マクラメ天然石アクセサリー作家/高木 雅典 さん 希 さん
makican
山浦農園 代表/山浦 康二 さん
奈良山岳自然ガイド協会 会長 よしくまプロジェクト 代表/岩本 泉治 さん
第42・48次日本南極地域観測隊 理学博士/岩野 祥子 さん
makican
奈良市の隠れ里 Nyu farm 実行委員会 代表/鼎 文代 さん
村上メリヤス 代表/村上 恭敏 さん
伊那佐郵人 局長/松田 麻由子 さん
makican
明日香ビオマルシェ 代表<br>たるたる自然農園 経営/樽井 一樹 さん
池田含香堂 6代目 団扇職人/池田 匡志 さん
塗師/阪本 修 さん
makican
株式会社 空から蝶 蝶使い/道端 慶太郎 さん
organic cafe はなさか/徳原 龍昇 さん・愛子 さん
下市木工舎 「市 ichi」 代表 /森 幸太郎 さん
makican
Oh Tree(おおとり)/山本 晋也 さん
棚田の宿 ささゆり庵 庵主 /松林 哲司 さん
木版画作家/田村 洋子 さん
makican
野鳥写真家/与名 正三 さん
ホテルのせ川 代表取締役支配人/中村 雅昭 さん
動くダンボールアート作家/千光士 義和 さん
makican
NPO法人 日本蜜蜂大学 理事長/植平 秀次 さん
久保田農園/久保田 清徳 さん
自然工房 Wood Warmth/大上 良平 さん
makican
冠の和農園/恵良 崇 さん・容子 さん
家具職人/岡 浩也 さん
嶋田味噌・麹醸造元/嶋田 稔 さん
makican
木工家具職人/本田 昭彦 さん
柿の葉すし体験道場 天空の郷/大前 英二 さん 真美 さん
デザイナー/坂本 大祐 さん
makican
Pizzeria e Trattoria renone/竹中 練一 さん 伸子 さん
山いき/梶谷 哲也 さん
川上村地域おこし協力隊員 『かわかもん』/鳥居 由佳さん
makican
makican
ページのTOPへ